ハーブと料理のマリアージュvol1

私の中で、飲み物と食事はワンセットになってます。

もともと、ワインに興味があって、ワインエキスパートの資格習得に必死になっていた時(笑)

ワインと食事は、気っても切り離せないっていう事を、言われ続けてきたせいかな~。

でも、確かに、

食べ物だけ、、、、

飲み物だけ、、、、

といったように、単独でとるよりも、断然、食べ物と飲み物のカップルで取ったほうが

美味しく感じることが多いのです。

相乗効果ってことですね^^

じゃあ、実際、どうやって相乗効果がある相性を探せばいいの?って思う方も多いと思います。

ワイン業界でのマリアージュを考える基本として

お料理の味のポイントと、飲み物(ハーブだったり、ワインだったり)の味を合わせる

反対に

飲み物(ハーブだったり、ワインだったり)の味のポイントに、お料理の味を合わせる

という考え方があります。

例えばこうです。

・青魚のトマトクリーム煮(玉ねぎ・しょうが・ごぼうなどの野菜を使っています。)

ネトル・ジンジャー・ダンディライオンルート・バードッグなどをメインに、ブレンドを考える。

魚の海の香りとネトルの香りのマリアージュです。

ジンジャー・ダンディライオン・バードッグは、青魚を煮込むときに、しょうが・ごぼうを使うので、土の香りにとてもよく合います。

トマトと合せるのであれば、ローズマリーの可能性も考えたのですが、、、、

少し平凡すぎるような気がしてしまうのが、個人的な意見です。

どうでしょう?

ハーブティーシングルの味がわかっていて、料理との合わせ方の理論がわかっていれば

ハーブティーと料理のマリアージュも、そんなに難しくないのを実感していただければ嬉しいです^^

ハーブティーブレンドアドバイザー 若林徳子
プロフィールはこの後に!

若林徳子(わかばやしのりこ)さんプロフィール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
埼玉県蕨市の個人アトリエにて、料理教室・パン教室を中心に食にまつわる講座を開催。その他に、愛犬のためのフードアドバイス、ドックフードの監修に携わっています。
・たまご・乳製品なしでもおいしい天然酵母パン教室
お野菜がたっぷり食べられるお料理教室
愛犬にまつわる食のいろいろ、ドックフードの監修

*当協会では、ハーブティーブレンドアドバイザーの方々から寄せられたハーブティーのコラムをこのフォーラム内や会員の方々向けのメールニュースなどでご紹介しています。コラムを書いてくださる方、ぜひあなたのハーブティーコラムをお寄せください!
ご自身のプロフィールとともにご紹介させていただきます。